映画マイティー・ソーのあらすじ感想ネタバレまとめ@キャストは?

マイティソー

出典:U-NEXT

アベンジャーズでも最強戦士の1人、雷神ソー!2011年公開の映画です。北欧神話がベースになっており、アスガルドの最強戦士であるソーを主役とした1作品目です。

主役のクリス・ヘムズワースは、弟のリアムとこの役を取り合い、見事オーディションで勝ち取りました。

ちょっと天然ボケで破天荒なアスガルドの皇子、まさに彼にぴったりな役で、一躍有名俳優となりました。

映画冒頭の傲慢で自信家なソーの、成長する姿が見ものです。

マイティー・ソーのあらすじ

昔々、神話の世界では、ヨトゥンヘイムの国の氷の巨人達が、地球に攻撃を仕掛けました。それを止め、休戦締結を結ばせたのが、神々の国アスガルドの王、オーディンでした。

アスガルド軍は、氷の巨人達の「インフィニティストーンの箱」を奪い、国に持ち帰ります。

時は現代のアスガルド。オーディンの実子であるソーが、王位を継承する為の、式典が開かれています。その最中、巨人が、インフィニティストーンを奪い返しにやってくるのです。

箱は守られますが、負けん気の強いソーは、独断でヨトゥンヘイムに攻め入ることに決めます。弟のロキ、幼馴染のシフ、三銃士のヴォルスタッグ、ホーガン、ファンドラルを同行させました。ソーは傲慢で、仲間が危険な状態でもまともな判断もできず、非常に未熟な戦いをします。

オーディンはこれに激怒し、戦いをやめさせ、勝手な行動に出たソーを地球へ追放します。ソーの代名詞でもある、ハンマー(ムジョルニア)を使う神の力も奪うのでした。

アメリカのニューメキシコに降り立ったソーは、そこで天文物理学者のジェーン・フォスター、助手のダーシー、そして大学教授のセルウィグ博士に発見されます。

ソーの不可解な発言や行動が気になる一同です。後に北欧神話を調べ、アスガルドのソーではないかとわかります。ソーは1人でムジョルニアを取りに、S.H.I.E.L.Dの基地へ乗り込みます。しかし、ハンマーを持ち上げることができず、S.H.I.E.L.Dの調査員であるコールソン達に捕まってしまいます。

ソーはセルウィグル博士によって助けられます。しかし、ソーが地球に現れた日の、ジェーン達が研究していた記録一式は、コールソン達に回収されてしまうのでした。

ソーの元には、ロキが現れ、追放を宣告します。ソーはこれを受け入れ、人間界でジェーン達と暮らすのでした。

一方アスガルドでは、ロキはオーディンから、実はヨトゥンヘイムの戦いの時に連れ帰った、氷の巨人の子であるという事を聞かされます。ロキは自分を利用したと考え、オーディンに対して怒りをあらわにします。オーディンは突然倒れ、ロキは自分を王とし、傲慢に振る舞うのでした。実は、巨人をアスガルドに招き入れたのはロキだったのです。

アスガルドの門番であるヘイムダルは、ロキを疑います。

ロキは、オーディンが深い眠りについている間に、氷の巨人達と手を組み、箱を返す代わりに、オーディンを暗殺するように作戦を立てます。

以前から、ロキを不審に思っていたシフと三銃士は、ソーの元へ行きます。ソーをアスガルドへ戻そうとしますが、これをロキが知り、地球へデストロイヤーを送り暗殺を試みます。

三銃士は倒れ、ソーも苦戦しますが、そこにムジョルニアが戻り、神の力が再び宿るのでした。

ソーはジェーンに必ず戻ると伝え、アスガルドのロキと決着をつける為、飛び立ちました。

アスガルドでは、氷の巨人をロキが裏切り、殺していました。ロキは、巨人を利用して、アスガルドの英雄となり、王位を得ようとしていたのでした。そこへソーがやってきて、互角の戦いとなります。しかし、ソーが勝利し、ロキは奈落の底へと落ちて行きます。

オーディンが目を覚まし、ソーは自分は未熟で、王になるためには、当分努力しなくてはならないと告げるのでした。

一方、ジェーンは、アスガルドへ行く方法を模索していました。セルウィグ博士はS.H.I.E.L.Dのニック・ヒューリーに招かれ、「箱」について研究しないか?と相談されます。そこには姿を隠したロキが。セルウィグ博士はロキに操られ、研究を承諾するのでした。

マイティー・ソーのキャスト

ソーオーディンソン クリス・ヘムズワース(ChrisHemsworth)

北欧神話の登場人物。神の世界「アスガルド」での最強戦士ですが、横暴で自信家な性格のため、地球へ追放されます。そこで、助けてくれた人間の女性のジェーンと恋に落ちます。

クリスは、オーストラリア出身の俳優で、兄はオーストラリアで俳優を、弟のリアムは同じハリウッドで活躍しています。妻は、映画ワイルドスピードにも出演した、スペイン人の女優エルサ・パタキーです。

この役のために10kg近く増量し、筋肉の鎧のような体に鍛え上げました。

ロキ トム・ヒドルストン(Tom Hidlleston)

オーディンが、巨人の国から連れ帰った義理の息子。子供の頃から、いつもソーに劣等感を感じていました。

トム・ヒドルストンはイギリス出身の俳優です。イギリス王室のウィリアム皇子と同じイートン校出身で、1つ上の学年に在籍していました。

この映画がきっかけで大ブレイクします。

マイティー・ソーの感想

神話の神様が主役という事で、完璧なヒーローが登場するかと思っていましたが、全く違う横暴なヒーロー。人間界では、天然ボケな面もみせ、人と出会い、改心して人望を得ます。

ソーの間抜けな一面や、素直な人間性が、クリスヘムズワースのちょっとした表情ですごく伝わって来ました。ロキの方が、けっこう冷静で瞬時に悪巧みをして、判断力もありそうな気もしますが、人望を得るのは、ソーのようなタイプなんですね。ちょっと、生い立ちからしてロキがかわいそうとも思いますが。まだまだ、ロキの悪巧みは続くので、そこが楽しみです。

ストーリーは、地球に降り立った神様、といったベタな感じですが、気負わずに観られて、笑えて、ワクワクするお気に入りの作品です。

アスガルドの映像もとても綺麗でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。