映画インクレディブル ハルクのあらすじ感想ネタバレ@キャストは?

インクレディブルハルク

出典:U-NEXT

怒れる苦悩のヒーロー!2008年公開映画。

マーベルのヒーロー実写化映画では、アイアンマンに続く第2弾です。

天才科学者「ブルース・バナー」が怒りを爆発さxせると、緑色の怪人に変身するという内容です。

バナー博士を演じるエドワード?ノートンは、次回作からは出演せず、今回一作のみの参加となりました。

インクレディブル ハルクのあらすじ

ブルース・バナー博士は、天才的な科学者であり、その能力をかわれ、軍で研究や実験を行ってました。

軍では、兵士を強化する実験をしていましたが、これに失敗し大量のガンマ線を浴びてしまうのでした。恋人のベティにも怪我を負わせ、自身も怒りが爆発すると緑色の怪人になってしまうのでした。

バナー博士は、軍の追跡を恐れブラジルに潜伏します。ベティの父親でもある、軍の指揮官ロス将軍は、これを追います。緑色の怪人「ハルク」の破壊力を、軍力として利用する考えです。

バナーは、心拍数が200を超えると、ハルクに変身することに気づき、怒りを抑制する方法を身につけました。

そして、見ず知らずのMrブルーという相手とメールでやり取りをし、自分自身の治療法を共に探していました。

ある日Mrブルーから、治療を研究するために血液を送るように言われ、危険を感じながらもバナーは承諾します。その後、Mrブルーから「ガンマ線の減量に成功した」と連絡が入ります。
一方アメリカのロス将軍は、バナーの居場所を突き止めて、軍のブロンスキーが率いる特殊部隊を送ります。

これに気づいたバナーは、逃げようとしますが、怒りが増して、ハルクに変身してしまいます。そこで、特殊部隊を倒します。ブロンスキーは、ハルクの強さを間近でみて魅了されるのでした。そこで、兼ねてから進められていた、米軍の「スーパーソルジャー」計画に自ら志願します。この計画は、バナーが失敗したもので、戦時中にはキャプテンアメリカが誕生した研究が元となったものでした。

一方、バナー博士は人間の姿へ戻り、グアテマラまで逃げていました。そこで、Mrブルーへ渡すため、自分の研究データを探しに行くのですが、データは全て消されていました。

また、恋人のベティに再会しますが、彼女は別の人物とすでに交際をしていました。しかし彼女は、消されたと思っていたバナーのデータを保管しており、これを渡してくれます。

その時、アメリカのロス将軍の部隊と、スーパーソルジャーとなったブロンスキーから襲撃されます。これによって、ハルクへと変身してしまいます。アメリカの部隊とブロンスキーは、ハルクを前にして太刀打ちできませんでした。ハルクは森へ逃亡します。

ベティは、ハルクの苦悩を受け止めて、2人でMrブルーの正体である、スターンズを探しに行きます。

スターンズは、ガンマ線の中和ができる薬を作り出していましたが、バナーの血液を使って、新たに血清を作り出していました。

そこへロス将軍とブロンスキーが現れてバナーを捕らえます。

また、ブロンスキーはスターンズに、自分にもう一本血清を打つように指示します。その後ブロンスキーはもう1人の怪物「アボミネーション」へと進化します。

アボミネーションは予想以上の強さと破壊力で、街に多大な被害を与えます。ロス将軍の指示も入らず、収拾がつかない状態になります。

捕らえられ、ヘリコプターからその様子を見ていたバナーは、自分がもう一度ハルクとなって、アボミネーションと戦うと言い、地上へ降り、ハルクへと変身します。

激戦の末、ハルクは勝利します。しかし、軍からの更なる追跡を避けるため、姿を消してしまいます。

最後は、バナーが呼吸法を実施し、目が緑に輝くところで終わっています。

インクレディブルハルクのキャスト

ブルース バナー/ハルク エドワード・ノートン(Edward Norton)

実験の失敗から、ハルクへと変身してしまい、苦悩する天才科学者です。最後の目の色が変わり、微笑むシーンは、監督いわく、「彼が悪者になったようにも、怒りがコントロールできるようになったようにも見えるように撮影した」と言われています。

エドワード・ノートンは、ブルースバナーの人生を深く考え、何度も議論して撮影に及んでいました。しかし、このようなシリーズ化する映画に時間を当てられないとして、アベンジャーズシリーズには参加せず、マーク・ラファロが演じています。

ミルウォーキーで倒れるおじいちゃん スタン・リー(StanlyMartinLieber StanLee)

スタンリーはアメコミの原作者でもあり、マーベルの名誉会長です。現在90歳代。

様々なマーベル映画にカメオ出演しており、探すのも楽しみの1つ。今回は、ハルクの血液が混ざったジュースを飲んで、苦しむ老人役を演じていました。

そのほか、アイアンマン、マイティソー、キャプテンアメリカシリーズにもなど、多くの映画にワンシーンずつ参加しています。

インクレディブル ハルクの感想

マーベルのヒーローにはそれぞれ、様々な苦悩がつきものです。そして、ハルクは多くのものを犠牲にしなくてはならないヒーローです。最も悩ましいヒーローと言ってもいいのかなと思います。そんな人間模様も描かれていますが、アクションは最も爽快!とにかく銃弾を撃たれてもダメージがないので、何をされても負けるわけないなと思いながら見ていました。絶対ハルクが勝つなという安心感?の様なもの。アクション映画では、珍しく、大丈夫勝つから、という感覚があります。

アクションが凄いのはもちろんですが、ブルースバナーが大切な人から離れて行く選択をし、孤独に生きるのかと思うと心配になってしまう。そんな善き人柄も描かれています。アベンジャーズの一員になったら活躍して欲しい!と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。