ヒットマンズ・ボディガードあらすじキャスト感想のネタバレ!日本でもNetflix動画配信で視聴可能!

ヒットマンズボディガード

出典:Netflix

緻密な計画と華麗な技で依頼人を守るボディガード。

今度の依頼はなんと宿敵の殺し屋を守ることだった!

正反対のはちゃめちゃコンビが街中で大暴れ。

ヒットマンズ・ボディガードのあらすじ

優秀なボディガードのマイケルは、日本人の武器商人クロサワを護衛し、いよいよクロサワを乗せた飛行機が出発というところで射殺されてしまい任務に失敗してしまいます。

それから2年後、エリートボディガードから転げ落ちたマイケルは、会社社長の護衛で生計を立てていました。

一度は失敗したものの、世界有数の腕をもつマイケルは、完璧なプランと緻密な計算で、依頼人を守っていました。

旧ソ連ベラルーシの独裁者デュコビッチは、自身を批判する人々を大量虐殺していました。

最悪のモンスター、デュコビッチがやっと逮捕され、オランダのハーグ国際司法裁判所で裁判が開かれることに。

多くの人がデュコビッチの罪を証言しますが、弁護団はすべて出まかせだと否定。

検察側は証拠集めに苦労を強いられていました。

有力な証人がデュコビッチにより次々と消される中、最期の砦として選ばれた証人が殺し屋のダリウスでした。

現在、服役中のダウリスは、同じく服役中の愛妻ソニアの保釈を条件に証言することに。

ダウリスをデュコビッチの刺客から守り、ハーグに護送するための特別チームが編成されました。

アメリア捜査官をリーダーとした一流の警察官チームですが、ダウリスはその腕前を全く信用していません。

練りに練られた計画で出発したダウリスとアメリアら護衛チームですが、あっさりデュコビッチの餌食に。

命からがら逃げだしたダウリスとアメリアですが、警察の内通者を疑い、援護を要請できずにいました。

困ったアメリアは元カレのマイケルに連絡をし、ダウリスの護衛を依頼することに。

しかし、二人は因縁の宿敵同士だったのでした。

文句を言いながらも、ハーグを目指すことになった二人。

どちらがイニシアティブをとるかで、常に口論になります。

マイケルは28回もダウリスに命を狙われたといい、自分は人殺しではなく、依頼人を警護しているだけと主張。

一方ダウリスは、それでも人殺しに違いはないと鼻で笑う。

綿密な計画型のマイケルと野生の勘のダウリス、全く正反対の二人ですが、どちらも優秀であることには間違いありません。

デュコビッチの攻撃をなんとかかわし、時にカーチェイス、ボートチェイス、修道女たちと楽しく歌いながらハーグを目指します。

ヒットマンズ・ボディガードのキャスト

マイケル (ライアン・レイノルズ)

優秀なボディガード。

ダウリス (サミュエル・L・ジャクソン)

凄腕のスナイパー。

デュコビッチ (ゲイリー・オールドマン)

ベラルーシの独裁者

アメリア (エロディ・ユン)

優秀な警官、マイケルの元カノ。

ソニア (サルマ・ハエック)

ダウリスの愛妻。

ヒットマンズ・ボディガードの感想

ストーリー云々よりも、アクションシーンが最高の本作品、次から次へマイケルとダウリスの雄姿が観られます。

冒頭のマイケルのスマートなボディガードぶりが証明されるシーンだけでも、十分に見ごたえありです。

ダウリスの野生の勘も頼りになります。

経験豊富で、常に臨機応変、しかも陽気にその場を楽しむことまで出来るというツワモノです。

一緒にいて楽しいのは、ハラハラしますが、ダウリスの方でしょうか。

ダウリスの愛妻ソニアを演じるのは、ラテン系女優のサルマ・ハエック。カーヴィーボディにラフに結い上げた髪がセクシーな気の強い美女。

スキニージーンズのヒップラインは誰もがノックダウン級。

ダウリスは常に妻を愛し、ロマンチックな態度で接します。

ちなみに、ライアン・レイノルズの妻は、ブレイク・ライブリー。

しかも元妻はスカーレット・ヨハンソンという二大ハリウッドセクシー美女。

うらやましい限りです。

どんな時もベラベラしゃべっている二人。

笑いあり、アクションあり、セクシー美女ありの、ストレスを吹き飛ばしてくれる痛快娯楽作品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。