映画「シャーロック忌まわしき花嫁」の動画視聴方法は?あらすじ感想のネタバレ!

シャーロック忌まわしき花嫁

出典:dTV

シャーロック忌まわしき花嫁はBBCドラマ「シャーロック」の特別編で、シーズン3とシーズン4の間のストーリーになります。

ドラマ版とは違い時代設定を1895年ヴィクトリア時代に設定しています。

「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」の原題は「Sherlock:The Abominable Bride」。

アメリカやイギリスでは2016年のお正月にテレビで放送され、その後映画として劇場で公開されました。
日本では劇場公開がスタートでした。

そのシャーロックの特別編シャーロック忌まわしき花嫁はdtv、Netflixなどで視聴することができます。

シャーロック忌まわしき花嫁のあらすじ

ロンドンで私立探偵をしているシャーロック・ホームズとその相棒ワトソンの元に警察から捜査の協力依頼が来ます。

その事件とは、
ウエディングドレスを着た女性が町で銃を乱射した後に自殺しました。

しかしその夜、同じ女性が旦那の前に現れ、旦那を殺したのでした。

自殺した後警察は死亡を確認していて、死体は病院の霊安室に運ばれています。なのに、この不思議な事件が起きてしまいました。

しかも同じ事件の捜査を政府で働いてる兄からも頼まれるのです。

そんな時また別の事件の依頼があります。

それは夫の元に手紙を届き、それを読んだ夫がもうすぐ死ぬと言っているということでした。

しかしなんとこの依頼主の女性もその夫もウエディングドレスを着て自殺したはずの女性の姿を見たというのです。

そしてシャーロックとワトソンは女性の屋敷にいき、夫を守ろうとします。

2人は準備万端で警備に当たっていたのですが、夫は殺されてしまいました。

シャーロック、ワトソン、そしてワトソンの妻メアリーも捜査に加わり、ついに事件の全貌をつかみます。

犯人は女性達が作った団体のメンバー達でした。

その団体は常日頃男性から不当な扱いを受けている女性達が集まっている団体だったのです。

夫を殺された女性もこの団体のメンバーで実は妻が夫を殺していたのでした。

dTV31日間無料詳細はこちら

シャーロック忌まわしき花嫁のキャスト

シャーロック・ホームズ…ベネディクト・カンバーバッチ

ロンドンの私立探偵。
変わり者で捜査が大好きでいつも警察の捜査を勝ってに行ってしまうので、警察かは嫌われています
人に対してすぐに悪態をついてしまうが、ワトソンの事は唯一信頼しています。

ジョン・ワトソン…マーティン・フリーマン

アフガン戦争に行っていた元軍医。偶然シャーロックと一緒に住むことになり、ホームズの相棒として捜査に出かけます。

シャーロックのよき理解者でもあります。

マイクロソフト・ホームズ…マーク・ゲイティス

シャーロック・ホームズの兄。

シャーロックとは仲が悪く、政府機関で働いているので難解な事件や国に関わる事件をシャーロックに捜査しろと命令します。

シャーロック忌まわしき花嫁の感想

現代で生活しているシャーロックのメンバーがみんな100年前に出演していて面白かったです。しかもちょっとずつ現代とは違うようにしているユーモアを感じました。
とくに兄のマイクロソフトは特殊メイクでかなり太ったキャラにされていて思わず笑ってしまいました。
この忌まわしき花嫁は単なる過去の物語ではなくて、現代で起きている事をシャーロックが探るために心の奥深くに入った時の物語なでの、ドラマ版とつながっていてすごいなと感じました。
現代の謎を解くのに100年も前に戻るなんてさすがシャーロックって思ってしまいましたが、100年前の物語は今のシャーロックんも心理状態を表しているようで、深いものを感じました。
ドラマ版とつながっているので、この映画だけを見ると理解できない事があると思いますが、ドラマ版から全て見ているファンにとってはとても嬉しい映画になったと思います。
ドラマ版では描かれていなかったシャーロックとワトソンの事などが出てきましたし、ドラマ版でもあったシーンも使われていて、すごく嬉しかったです。
でもドラマ版のようにシャーロックだけが事件を解決するのではなく、今回はワトソンの事件解決もみられ、ドラマとは違ったワトソンなんかが描かれていてそれも嬉しさの1つでした。
しかもこの事件はシャーロックの心の中の出来事なので、シャーロックがワトソンを信頼しているのが伝わってきました。

dTV31日間無料詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。