主役は男女8人?センス8 シーズン1あらすじキャスト感想をネタバレ解説!

センス8

出典:Netflix

異なる国で暮らす男女8人の意識が突然つながった。

あなたは私で私はあなたを守る…。感応者たちの新たな人生の旅が始まる。

センス8のあらすじネタバレ

異なる国で暮らす8人の男女に、ある日不思議な現象が起こります。

目の前に突然現れる誰か、その誰かは自分以外の周りの人には見えませんが、幻とは思えないほど鮮明で自分とは会話もできます。

そのうち、誰かが現れるだけではなく、自分が誰かの元へ行っていることに気づきます。

なんと8人はお互いが共鳴し、感情を共有する「大脳辺縁系共鳴」状態で繋がるようになっているのでした。

その男女とは、

  1. ロンドンに住むアイルランド人のライリー
  2. シカゴの警察官ウィル
  3. サンフランシスコのハッカーでブロガーのノミ
  4. 韓国の大会社の令嬢で武道の達人サン
  5. インドで製薬会社に勤めるヒンドゥー教信者カーラ
  6. ベルリンの金庫破りヴォルフガング
  7. メキシコのセクシー俳優リト
  8. ナイロビの心優しい運転手カフィアス

の8人。

最初は驚く8人ですが、それぞれがピンチの時に、最適の誰かが現れて助け合うようになります。

トランスジェンダーのノミは、母に自身を認めてもらえず、ロボトミー手術をされる目前で、ウィル(手錠はずしが得意でかつ警察官なので逃走する能力に長けている)に助けられ、

ナイロビのカフィアスがチンピラにフルボッコにされそうな時は、韓国のサンの武道が助けとなりピンチを切り抜けました。

サンが実家の会社と後継者を守るため、バカな弟の代わりに服役するものの脱獄したり、

エイズの薬を手に入れるためカフィアスが相当な無茶をしたり、

俳優のリトは愛する彼がいながらも仕事のためにカミングアウト出来ない現状に悶絶したり、

非の打ちどころのない彼との結婚が決まっているのに、ヴォルフガングが気になってセクシーな展開に戸惑うカーラだったりと

次々に面白いすぎる展開ので、いつしかチームワークも最高に。

そんな8人はウィスパーズという謎の組織に狙われるようになります。

それぞれに問題を抱えながら、ウィスパーズの罠から必死で逃れる8人。

不思議な人生に翻弄されつつも立ち向かい始めた8人の物語は加速していきます。

センス8のキャスト

ライリー (タペンス・ミドルトン)

ロンドン在住のDJ。

ウィル (ブライアン・J・スミス)

シカゴの警官、手錠はずしが得意。

ノミ (ジェイミー・クレイトン)

サンフランシスコに暮らすハッカー。トランスジェンダー。

サン (ペ・ドゥナ)

韓国の大企業の令嬢。武道派。

カーラ (ティナ・デザイ)

インド人の美女。婚約者がいるもヴォルフガングに惹かれている。

ヴォルフガング (マックス・リーメルト)

ベルリンの金庫破りで喧嘩が強い。

リト (ミゲル・アンヘル・シルベストレ)

メキシコのアクションスター。

カフィアス (アムル・アミーン)

ナイロビのバス運転手。ジャン=クロード・ヴァン・ダムのファン。

センス8の感想

マトリックスシリーズのウォシャウスキー姉妹による作品。

世界各地で撮影が行われ、ウォシャウスキー姉妹らしい美しい映像と、アクションシーンが満載の作品です。

マトリックスシリーズでもお分かりでしょうが、ウォシャウスキー姉妹の作品は感覚的な部分が多く、あらすじを説明するのがなんとも難しいです。

ですが、とにかく面白くて見ごたえのある作品だということも間違いありません。

8人それぞれが主役で、その主役の周りの協力者もとても素晴らしいです。

特にノミの彼女アマニタは、ノミの一番の理解者で、他の見えない7人のこともすぐに受け入れるという太っ腹ぶり。

こんな人が側にいてくれたら、正直なんだって出来るような気になると思います。

リトとすごく素敵な彼エルナンド、女友達のダニエラの3人組のやり取りはめちゃくちゃ面白いです。

リトの映画撮影シーンのアクションがそのままマトリックスだったりと、ウォシャウスキー姉妹ならではのユーモアも。

アクション好きなウォシャウスキー姉妹らしさといえば、サンの格闘シーンはかっこいいです。

華奢な体から繰り出される動きと技は、何時間でも見ていられるくらいです。

そして、切ない恋のカーラとヴォルフガングの二人。

お互い明らかに惹かれあっているのに、身分と環境の違いから後一歩が踏み出せません。

時折見せるヴォルフガングの苦悩する顔にたまらずキュンとなってしまいました。

意味の分かりづらいところもありますが、根強いファンが世界中にいるこの作品。

とても面白いので、必見です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。