映画「ミーン・ガールズ」あらすじネタバレ感想とキャストまとめ!無料配信を視聴する方法は?

ミーンガールズ

出典:U-NEXT

学校の女王様に君臨するには!?

ミーンガールズは2004年公開のアメリカ映画です。原作となったのは、「Queen Bees and Wannabes」(女王バチとなりたがり)というものです。

主演の若き日のリンジーローハンをはじめとし、ハリウッドでも有名女優となった、アマンダセイフライドやレイチェルマグアダムスが出演しています。

現在UNEXT、Netflixで配信中です。UNEXTなら31日間無料視聴可能!

UNEXT31日間無料トライヤル詳細はこちら

映画「ミーン・ガールズ」のあらすじ

主人公ケイディは、動物学者の両親とともにアフリカで暮らしていたため、学校には行かず、自宅学習で勉強をしていました。16歳になってアメリカへ帰国し、初めて学校へ通うこととなります。

すぐには馴染めないケイディに声をかけたのは、少し変わったパンクな格好をしているジャニスと、ゲイのダミアンでした。2人はケイディに、学校について様々な事を教えてくれます。特に気をつけた方がいいのが、「プラスティックス」という学校のアイドルの様な意地悪女子3人組です。

ある日学校の食堂で、ケイディはプラスティックスのリーダー的存在である、レジーナ・ジョーンズに声をかけられます。見た目もすてきなケイディは、プラスティックスに入れてもいいと言われるのでした。

学校や友達に慣れていないケイディは、ジャニスに報告しました。ジャニスは、レジーナにいじめられた過去があり、いつか仕返しをしたいと思っていました。そのため、ケイディにプラスティックスに加わったふりをして、レジーナのスパイをして欲しいと頼みます。

ケイディは、得意の数学の授業が一緒のアーロンに恋心を持ち始めます。アーロンはレジーナの元彼であり、これに気づいたレジーナから、2人の仲を取り持ってもいいと言われます。ケイディは喜び、プラスティックスの一員となります。

ある日、ケイディはアーロンにハロウィンパーティに誘われます。そこで、レジーナとアーロンがキスをする姿を目撃します。ケイディはショックを受けます。ケイディはジャニスと組んで、レジーナを陥れる作戦を立て始めます。様々な意地悪を2人でレジーナに仕掛けます。そして、レジーナ以外のプラスティックスのメンバーである、カレンとグレッチェンには、レジーナが2人の悪口を言っていると嘘をつきます。2人の愚痴を聞いたりしているうちに、レジーナが浮気をしているという事を知ります。

ある日レジーナの家へ行くと、学校のみんなの事を書いた「ノート」を見つけます。1人ずつの悪口や、ありもしない事を書いて中傷しています。ジャニスのページには、レズビアンと書かれていました。

また、ケイディは数学の時間にアーロンに近づくために、わざと悪い点数を取ります。アーロンから、数学を教えてもらうためでした。しかし先生はこれに気づいており、ケイディに忠告します。しかし、ケイディは聞く耳を持ちません。そしてレジーナが浮気をしている事を、アーロンに伝えるのでした。

また、ケイディは悪口を書くノートにも参加し始めます。徐々に変わって行くケイディ。ある時、両親とライブに行く予定でしたが、ジャニスが絵のコンクールに入賞し、自分のが展示されるので観に行こうと誘います。ケイディは断ります。同時に、カレン達からも、レジーナ抜きのパーティをしようと誘われます。ケイディは、両親とのライブを断って、パーティをするのでした。パーティ当日、会場でアーロンと良い雰囲気になります。そこにレジーナが現れます。レジーナはケイディに復讐を誓います。

そして偶然通りかかったジャニスが、ケイディがパーティーを優先したことに激怒します。ケイディは「レズビアンなんでしょ!」と暴言を吐きます。ジャニスは、本当のプラスティックスになったな、と言って帰って行くのでした。

翌日、レジーナは悪口ノートをコピーして学校中にばら撒きます。学校の女子達はパニックになります。学校は、女子生徒を体育館に集めて、自分のことを告白させます。多くの生徒が過去の過ちを反省し、謝罪しましたが、ケイディ達は全く謝罪しませんでした。ケイディの書いた悪口のせいで、数学の先生の元に警察が訪れます。事の大きさに気づいたケイディは、悪口ノートの犯人だと自首します。先生は、これを許す条件として数学クラブのメンバーとして、コンテストに出る様に言います。ケイディは出場し、見事クラブを優勝に導きます。学校へ戻ると、校内のクィーンを決めていました。選ばれたのはケイディでしたが、ケイディはみんながクィーンになるべきとして、ティアラを割って配りました。ケイディは、いじめっ子グループに入る前の素直な自分を取り戻し、友達と楽しく学校生活を送ることになりました。

UNEXT31日間無料トライヤル詳細はこちら

映画「ミーン・ガールズ」のキャスト

ケイディ リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)

素直で明るい少女でしたが、学校生活で人気者グループに入り、徐々に意地悪な女の子へと変化します。大切なものや、自分らしさを少しずつ理解して再び元のケイディを取り戻しましす。

リンジーローハン、ディズニーチャンネルの子役で人気となり、このミーンガールは代表作ともなりました。ハリウッドのファッションアイコンとして、彼女の持っているものは特によく売れていました。しかしその後は、作品でも批評が続き、ゴシップが多くなり波乱万丈の生活を送っています。

レジーナジョーンズ レイチェル・マグアダムス(RachelMcAdams)

今では、意地悪な女子の代名詞となっているのが、この「レジーナ・ジョーンズ」です。綺麗で、悪知恵が働き、人気者の女子のレジーナですが、その後このプラスティックスというグループは無くなってしまいます。

レイチェルマグアダムスは、カナダ出身の女優です。「君に読む物語」でヒロインを演じ、大人気となりました。その後もマーベル作品のドクターストレンジなどにも参加し、現在も人気者の女優です。

映画「ミーン・ガールズ」の感想

現実的な、女子あるあるな映画でした。原作が学校の指導教員を務めていた方が書いた本で、長年にわたってこの様な、女子のいざこざを見てきたんでしょう。原作を読んでみたくなりました。

世間の評判や口コミは、

ティーンが見たら絶対楽しめます。結構リアルですよね?テンポもいいし、リンジーもレイチェルもいい味出してる。
取っつきやすく、気軽に観られる一本。脇を固める俳優も豪華です。主人公の視点から語られていてこれが良かった。
本当に女の戦いって怖いもので、醜い様で必死なだけなんです。この時期を超えた20代女性にはウケがいいんじゃないかな。共感できる部分も多々あり、最後はスッキリ終わります。

この様に、気軽に見られて女性にはウケが良い様です。

UNEXT31日間無料トライヤル詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。