GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリングのあらすじと感想@キャストは?

GLOW

出典:Netflix

GLOWは1980年代にアメリカで実際に放映されていた女子だけのプロレス番組でした。このプロレス番組の舞台裏を描いたのが、Netflixオリジナルコメディ作品「GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」です。シーズン1では、GLOWの初放映までの日々が描かれています。

GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリングのあらすじ

It’s GLOW time, baby!! Step into the ring JUNE 23rd. Only on Netflix. ❤️

Alison Brieさん(@alisonbrie)がシェアした投稿 –

1985年のL.A。女優志望だが、全く芽の出ないルースは、シリアルで食いつなぐ崖っぷち生活を送っています。お金もなく、唯一の拠り所であるお芝居のレッスンでも、講師に居眠りされる始末。そんなルースを何かと気にかけてくれる親友のデビーは、ドラマに何度か出演経験のある女優。ですが、夫の希望で育児と家事に集中するため、女優業から遠ざかっています。

全くオーディションに受からないルースの元に、エージェントから「型破りな女性募集のオーディションのお知らせ」が舞い込みます。内容を知らないまま集められた女性達でいっぱいのオーディション会場に、B級映画監督のサムが登場。そこで「G.L.O.W the Gorgeous Ladies of Wrestling」という、女子プロレス番組を作るので、出演レスラーのオーディションだと知らされます。多くの女性が自主退場するなか、何としてでも役が欲しいルースに、

「世間は君を美人だと思うかな?よく見えたり悪く見えたりする微妙な顔だな。」

と思ったままを口にするサム。

ビジュアル的にも個性豊かなメンバーが残るも、サムとしては華のある主役の女性が足りないと思っています。

一方、ルースは得意のお芝居でミュージカル調のレスリングを始めるも、あまりのさむさで一度はクビに。

ですが、どうしても合格したいと、必死でレスリングを研究し、再オーディションに漕ぎつけます。そこに現れたのが、親友のデビー。実はルースがデビーの夫と不倫関係にあったことがバレ、怒りに震えて乗り込んで来たのでした。

初めてのガチンコデスマッチがルースとデビーにより始まり、他のメンバーも興味津々で見守ります。そこでサムはすかさず、美人で知名度もあるデビーを正義のヒーロー花形レスラーにスカウトし、成功。すっかりデビーに嫌われたルースは、最強最悪の悪役として頑張ろうと思うのでした。

GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリングのキャスト

ルース (アリソン・ブリー)

More @stylistmagazine fun…that guy was feeling the pain!! scroll 👉🏼 for more! ❤️

Alison Brieさん(@alisonbrie)がシェアした投稿 –

アリソン・ブリー(Alison Brie)演じるルースは女優志望。人生崖っぷちなので必死。

デビー (ベティー・ギルピン)

Can you handle this? #GLOW

GLOWさん(@glownetflix)がシェアした投稿 –

ベティー・ギルピン(Betty Gilpin)演じるデビーは、テレビ女優。親友と夫が浮気。

監督のサム (マーク・マロン)

マーク・マロン(Marc Maron)演じる監督のサムは、本当は映画を撮りたい。女性関係がゆるい。

プロデューサーのバッシュ (クリス・ローウェル)

Goodbye Santa Fe House. • • • #hasselblad #kodakportra

Chris Lowellさん(@mrchrislowell)がシェアした投稿 –

クリス・ローウェル(Chris Lowell)演じるプロデューサーのバッシュは、頭の弱いお坊ちゃま。

GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリングの感想

「オレンジ・イズ・ニュー・ラック」と同じ制作陣とのことで、期待して視聴。刑務所が舞台の「オレンジ・イズ~」ほど個性はきつくないですが、レスリングに励む女性達もやはり個性豊かな様子。

80年代が舞台なので、スプレーで立ち上げた前髪や、派手なアイシャドウ、ボディコンファッションを見事に再現。中でも、気になるのが超ハイレグのレオタード。ブラジリアンワックス必須のハイレグ具合で、真面目に技の練習をする主人公ですが、こちらとしましても目のやり場に困ってしまいます。運動オンチでプロレス経験ほぼ皆無の女性達が、のっそりと技をかけ合う姿は、笑いを誘います。

出場者それぞれのキャラ設定をする場面で、サムはアジア人というだけで、中東のテロリストにしたり、カンフーをさせたり、がっちりした体格の人には中南米の山の住む少数民族に仕立て上げたり、社会主義をこき下ろしたりと、今では考えられない演出を当たり前のようします。が、それもまた80年代らしさです。

ルースはサムに「微妙な顔」と言われていますが、ルース役のアリソン・ブリーは、本当はすごい美人です。ですが、やぼったいメイクとファッションで、確かに微妙なラインに仕上がっています。垢ぬけないってこういうことなんだなと実感させられました。

Harry’s prettttttyyyyy pretttttyyyyy excited about my new vintage tee… #ET

Alison Brieさん(@alisonbrie)がシェアした投稿 –

お金持ちで頭の弱いプロデューサー役のクリス・ローウェルは青春ドラマの名作「ヴェロニカ・マーズ」でシーズン3からの主人公の彼氏役ピズです!イケメンのままですよ。

The dapper @mrchrislowell on the #NYC red carpet. #veronicamarsmovie

Veronica Marsさん(@theveronicamarsmovie)がシェアした投稿 –

GLOWのテレビ放送もいよいよこれから!とエンジンがかかってきたところで終わったシーズン1ですが、シーズン2の制作も決定済!がんばれGLOW!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。