映画ブリジットジョーンズ日記3ダメな私の最後のモテ期あらすじネタバレ感想とキャストまとめ!動画配信を無料視聴する方法は?

ブリジッドジョーンズの日記3

待望の第三弾!幸せを掴んだのか?

30代独身女性を、コメディに描いたブリジットジョーンズシリーズの第3作です。

多くの人々に愛されたブリジットが、40代になって戻ってきます。どんな女性となっているのか必見です。

新たな恋の相手も現れて、ますますパワーアップしています。

Amazonプライムで配信中です。

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 のあらすじネタバレ

ブリジットの43歳の誕生日です。

職場では、たくさんの蝋燭がついたケーキでお祝いをされます。

友達に会おうとするも、みんな家庭を持っており、会えません。

この日を1人で過ごしたのでした。

そんな時、かつての上司で元彼であったダニエルが飛行機事故で亡くなります。

ブリジットは友人と葬儀に参列します。

さすがプレイボーイなダニエル、葬儀参列者の大半は美女でした。

そこになんと、元恋人のマークも来ています。

マークは妻と一緒で、気まずい雰囲気でした。あまり会話もせず別れます。

友人のミランダは、ブリジットがまだマークに未練があると言い、週末に旅行へ行こうと誘います。

そこは野外のロックフェスでした。

場違いの格好で来たブリジットは、早速白いボトムが泥まみれで転んでしまいます。

そこに現れたジャックが、泥の中で転んだブリジットを助けてくれます。

夜のフェスで興奮して大はしゃぎのミランダとブリジットですが、2人ははぐれてしまいます。

先にテントに戻ったと思っていたブリジットですが、そこはジャックのテントでした。

2人は勢いに任せて、一夜を過ごします。

後日、ブリジットは友人の子供の洗礼式に参加します。

そこでまたマークに遭遇します。

相変わらず元気いっぱいのブリジットに、マークは釘付けです。

気まずいと思っていましたが、2人はパーティーを抜け出し会話をします。

妻帯者だと思いとどまって、止まりますが、なんとマークは離婚していたのでした。

そして2人はまたキスをするのでした。

朝、マークが眼を覚ますと、ブリジットからの手紙がありました。

そこには「よりは戻せない」とあります。

それから数週間が過ぎて、体重が増えたことが気になるブリジットは、友人に言われ妊娠検査をします。

なんとブリジットは妊娠していたのでした。

思い当たる男性が2人いるブリジットは、マークとジャックのどちらが父親なのか悩みます。

そんな中、ジャックがIT会社の社長であることが判明します。

ミランダがキャスターを務める番組に出演することとなります。

ブリジットとミランダは、彼のDNAを採取するために、メイクに頼んで髪の毛を取ってもらいます。

ジャックを避けていたブリジットですが、インタビュー後に追いかけられます。

ブリジットは妊娠しているかもと告げます。

ブリジットはマークの事も伝えようとしますが、それができませんでした。

再びマークと再会し、妊娠にことを話します。

マークはとても喜びます。

ブリジットはジャックが父親に可能性もあると言えないままでした。

ある日、マークとジャックがパーティーで顔を合わせます。

とうとう2人に真実を話します。

2人は大切なのは赤ちゃんだとして、許してくれるのでした。

この日から、マークとジャックの過度な世話が始まります。

お互い競い合うように、ブリジットに体に良いものを渡したり、マタニティクラスに付き添います。

ある日ジャックは、自分の方が父親である可能性が高いとマークに告げます。

これは嘘ですが、マークは信じてしまいます。

ブリジットはマークが忘れられませんが、1人で育てていこうと決心するのでした。

ある日臨月のブリジットは、家の鍵も忘れ、雨の中でひとりぼっちでした。

そこにマークが現れ、部屋に入ることができます。そしてその時破水してしまうのでした。

車がないマークは、ピザ屋で借ります。

しかし、途中でデモ隊に遭遇するなど、なかなか病院までたどり着けません。

そこにジャックも現れ、2人でブリジットを運びます。

無事に子供が生まれ、いよいよDNA検査をします。

そして結婚式が始まります。

ブリジットはエスコートされて歩きます。

子供を抱えるジャックの隣に、マークが立って待っています。

子供の父親はマークでした。2人はようやく結ばれるのでした。

ブリジットジョーンズ ダメな私の最後のモテ期 のキャスト

ダニエルクァント パトリック・デンプシー(Patrick Dempsey)

ブリジットとマークと三角関係になる、IT会社の社長です。優しく情熱的な男性で、ブリジットの妊娠を支えます。

パトリック・デンプシーは、ドラマ「グレイズアナトミー」で長年大活躍していた俳優です。主人公の夫役を演じ、女性から人気になりました。

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の感想

前回の映画から10年以上経過した新作とあって、ブリジットの生活も激変しています。

周りのIT化は進み、友人は子供がいて、付き合えない。

ちょっと悲しさが伝わってくる始まりでした。

おまけにダニエルは死んでしまうなんて。

結局、気が利いて優しいジャックより、ずっと心の隅にいたマークを選ぶブリジットです。

マークは相変わらず不器用ですが、紳士的で変わらぬ愛情を注いでくれますね。

そういうところが惹かれます。

しかしバツ2になっていたんですね。

この作品のファンにはもちろん、同年代の女性には共感を得られると思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。