ドラマ版12モンキーズあらすじとキャスト@感想ネタバレまとめ!

12モンキーズ

出典:Hulu

1995年のブルース・ウィリスとブラット・ピットの映画版が有名ですが、ドラマ版も全編に謎とパラドックスが散りばめられた見ごたえのある作品です。主人公は、「X-MEN」のマイロ役、「NIKITA」のバーコフ役でおなじみのアーロン・スタンフォード。

12モンキーズのあらすじやキャスト感想を紹介していきます!

12モンキーズのあらすじ

12モンキーズ

出典:Hulu

2043年、謎のウイルスが猛威を振るい、人類の99%が死滅するという事態に世界は陥っていました。もはや人類に残された手立てもなく、生きながらえた人々は、食料や物資のために殺し合う弱肉強食の生活を強いられることに。

そんな中、科学者のジョーンズ博士がリーダーとなり、タイムマシンを完成させる。現在と未来を救うため、過去に戻ってウイルスの正体を突き止め、感染拡大を防ぎ、人類を危機から救おうと立ち上がります。

タイムトラベルする者をスプリンターと呼び、そのスプリンターに青年コールが選ばれます。
ジョーンズ博士らが残された情報から2015年が元凶の始まりであるとし、コールはタイムマシンでウイルス学者のライリーに会いに行くも不具合で2013年に着いてしまいます。コールはライリーに近づき、人類滅亡の危機のため未来から来たこと、殺人ウイルスを撒いたのはリーランド・フロストなる人物だということを伝えます。

ですがライリーはリーランドを知らず、コールがタイムトラベルの証明をするも半信半疑。コールは「2年後にホテルのロビーで会おう」と伝え、目の前から煙のように消え去るのでした。

Friday. #12Monkeys

Amanda Schullさん(@amandaschull)がシェアした投稿 –

2年後、ライリーは約束のホテルで2年前、目の前から消えた時のままのコールと再会し、彼の話を信用するように。リーランド・フロストなる人物は実はリーランド・ゴインズが本名ですでに居場所も突き止めているというライリー。人類の未来を背負った二人はゴインズの元に向かいます。

ゴインズを抹殺すれば、未来は変わり、自分は存在しなくなるというコールを、切ない表情で見つめるライリー。それでいいと突き進むコールは、遂にゴインズを殺害する…が。コールは消えることなく、ウイルス拡散の未来を変えることも出来ないのでした。

コールとライリーは「12モンキーズ」なる組織がウイルスに係わっているという新たなヒントを入手し、人類の存亡をかけたタイムトラベルを続けるのでした。

12モンキーズのキャスト

ジェームズ・コール (アーロン・スタンフォード)

Breakfast with a pint at Bristol. As God and the queen Mum intended.

@ aaronastanfordがシェアした投稿 –

アーロンスタンフォード(Aaron Stanford)演じるジェームズコールは、唯一のスプリンターとして、人類のためタイムトラベルをする。

ライリー (アマンダ・シュル)

2 weeks until the #12monkeys Season 3 binge weekend!

Amanda Schullさん(@amandaschull)がシェアした投稿 –

アマンダシュル(Amanda Schul)演じるライリーは、ウイルス学者で医師。

ジョーンズ博士 (バルバラ・スコヴァ)

バルバラスコヴァ(Barbara Sukowa)演じるジョーンズ博士は、タイムマシンを成功させた科学者。

ラムゼ (カーク・アセヴェド)

カークアセヴェド(Kirk Acevedo)演じるラムゼは、コールの親友。

12モンキーズの感想

#TBT to playing a toughie with these bruisers. #12monkeys

Amanda Schullさん(@amandaschull)がシェアした投稿 –

ライリーが早い段階でコールを信用し協力するので、物語は序盤からテンポよく進んでいきます。医師としての身分が危うくなっても、ウイルス学者として、人類のために邁進するライリー。ウイルスを抑えることが出来たなら、自身の存在が消えてしまうのもいとわないコール。

こんな二人が恋に落ちるのでしょうか?

二人は周りの協力で必死に12モンキーズを追いますが、自身が何度も危険な目に合います。

過去の自分と未来の自分が目を合わせてはいけない(当然、話もできない)というルールがあるので、物語のあちこちに謎や仕掛けがあり、何度も見直したくなるシーンが多いです。

時系列と出来事をしっかり把握していれば、面白さも倍増ですので、頭の中で整理しながらストーリー楽しみましょう。

ちなみに、基本的にシリアスな展開ばかりですが、過去に戻ったコールがハンバーガーを最高に美味しいと食べるシーンは、なんとも可愛らしくてキュンとしました。

ここを直せば、あちらがほころびる、2015年に戻ってゴインズを殺害するだけでよかったはずのことが、思った以上にタイムトラベルの影響は大きく、波紋は広がり続けます。

次々になんとか問題を解決しながら、謎に挑み、スピード感あふれるスリリングな展開の連続です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。